10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

里芋の熊さん?

2011/12/17
コレ里芋です。

袋から出したら、こんなのが(^∇^)

削ってもないんです
そのままの状態です。

こんなん、まるで耳じゃないですかぁ(^^)

そりゃ~
「目」書いちゃうでしょ(*^^*)


【里芋の東洋医学的効能】
里芋は胃腸を丈夫にし、外用薬としてもよく用いられます。

里芋は胃腸の気を補い胃腸の粘膜を丈夫にする作用があるようです、とはいえたくさん食べるとガスが溜まりお腹が張りやすく「気血両虚」で胃腸の弱い方は食べ過ぎない方が良いみたいです。

外用薬としては、消熱効果があり、3分の1すりおろし、小麦粉、おろし生姜少々をよく混ぜたものを、痛む患部に貼ると良いと書かれいます。又火傷や凍傷には、小麦粉と混ぜ酢で練って貼るとも良いそうです。

■胃腸を丈夫にする
■胃腸の働きを良くする
■皮膚の炎症を治める
■胃の機能を回復
■頸部のリンパ結核の回復

気血両虚(きけつりょうきょ)症とは…気と血の両方が不足した方です。

●気の不足(気虚)とは、無気力(ヤル気、元気がない)けん怠感、めまい、疲れやすい、すぐ息切れする、胸苦しさを感じたり、胃下垂や慢性胃腸炎などを引き起こしやすいです。
病因としては、生まれつき痩せている、飲食物の不足、心身の過労、大病や長期間の病気、房事の不摂制(性行為のしすぎ)など

●血の不足(血虚)とは、疲れやすい、動悸、集中力低下、視力減退、眼精疲労、目のかすみ、立ちくらみ、めまい、爪がもろい、月経量少、月経不順、しびれ、健忘、不眠、こむら返り、などがあります。

この二つタイプの方(気血両虚症)は、消化力が弱いので、高カロリー、繊維質の多い食べ物は、胃腸の負担になるので、気を付けて下さい。お肉、冷たい飲食物は控え目にすることがオススメですネ。

画面横側にあるリンクから 

 kokoはり灸治療院HPクリックご覧ください

お気軽に、お電話ください。

kokoはり灸治療院&リラクゼーションサロン心休

06-6409-4009
23:40 食物の効能