10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

河豚(ふぐ)

2011/12/20
河豚の東洋学的効能

こちら、てっさ(刺身)の河豚ですが


河豚は、温性の食べ物です

胃腸の弱い方、気血両虚症には

非常に良い食べ物です。

■消化機能を高め、余分な水分を解消
■皮膚疾患に良い

気血両虚症とは「気」と「血」が虚している方をいいますが、詳しくは過去のブログの「里芋の熊さん」をご覧くださいね

そして、温性の河豚は、もともと熱っぽい方「肝陽こう進・肝陽上こう」の方は
あまり適さないので控えめにしてくださいね

肝陽こう進・肝陽上こうとは

疲労やストレス、怒りすぎる人は「肝」に熱がこもりやすいです。

肝熱が以上に盛んになります

気の調整機能がうまく動かなくなり

気が上に登りやすくなります

「肝臓に熱がこもるの??」と首をかしげると思いますが

東洋医学で「肝」とは、
・血
・精神
・目
・筋
・爪
・女性生殖器(子宮)などと関係しています

東洋医学で
「肝が強い」人とは、

・顔が赤ら顔で高血圧の方
・目が血走っており、筋肉は豊かでガッシリタイプ、
・すぐに頭に血が昇りちょっとした事ですぐに「カっ~」と怒鳴る方
・いつもイライラ怒りっぽい
・決断力もあり
・気が強い
・肥満体形が多く
・高血圧など 

「肝が弱い」人とは

・低血圧で朝が起きれない
・顔色は白く、冷え性で、筋も痩せている感じです
・精神不安定で、ヒステリック、
・めまい・目がかすむ
・気が弱く
・夢をよく見る
・貧血症
・生理不順などです
例えば、タイプ的には、貧血を起こす若い女性系です

以上から「肝陽こう進・肝陽上こう」の方とは

赤ら顔で、いつもイライラ怒りっぽい傾向で、肥満体系が多く、
高血圧や、脳卒中、めまい、頭痛、寝付きにくいという
症状がよく見られるようです

肝陽こう進・肝陽上の方は、
栄養価の高い、高カロリーの物、温性の食べ物は、体にこもった余分な熱を消化できず、熱を一層高める恐れがあるので控え目にしましょうね。

河豚は温性の食べ物です

この河豚まだ動いてます~~~

画面横側にあるリンクから 

 kokoはり灸治療院HPクリックご覧ください

お気軽に、お電話ください。

kokoはり灸治療院&リラクゼーションサロン心休

06-6409-4009
10:38 食物の効能