10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

肝の病による不調

2013/12/17
東洋医学では、それぞれの臓腑に情動がもつ働きがあります。

肝=怒り
心=喜び
脾=思い
肺=悲しみ 憂い
腎=恐い 驚き

このように五臓と組み合わさって、特定の情動が異常なレベルに達した時に、それぞれ関連する、臓腑を傷つけるといわれてます。

例えば、イライラしたり、怒りといった感情が高ぶる生活が続いていると、臓腑の肝臓が、傷つけられ、ホルモン分泌のバランスや、『肝』の持つ体のコントロール機能調整が、低下する事で、さまざまな病気の発症につながってしまいます。『肝=怒り』

怒り、イライラによって、肝機能の低下によって、起こりうる症状また、逆に、肝機能が弱いからこそ、起こる症状として他には

●顔色が黄色い
●耳鳴り、めまい
●爪がもろくなったり、変形する
●不眠 、夢をよくみる
●目の渇き、違和感、ゴロゴロする
●口、咽頭の渇き
●手、足のひきつり、こむら返り、ふるえ
●咳や痰がからむ
●血をためておけなくて、皮下出血おこりやすい
●いつもイライラしてる
●気持ち落ち込み、不安感がつよくなる

このように、西洋医学でわからなかった身体の不調で、お困りの方、鍼灸治療で、原因を探し快適な日々を送れるよう身体の改善をしていきましょう(^o^)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
kokoはり灸治療院&リラクゼーションサロン心休

06-6409-4009

料金&メニュー内容は

画面横にあるリンクから 

 kokoはり灸治療院 HPをご覧ください
17:49 鍼灸・;美容・;コスメ
« 謹賀新年 | HOME | 美容鍼灸 »